詰め物・被せ物

RESTRATIVE AND PROSTHODONTIC TREATMENT

患者様のお口の中の状態や、ご希望などに応じて
最適な詰め物・被せ物をご提案させていただきます。

  • HOME
  • 詰め物・被せ物

詰め物・被せ物とは?

お口の機能性・審美性を取り戻す治療です

機能性・審美性を取り戻す治療虫歯の治療で歯を削った時、お口の機能性・審美性を取り戻すために入れるのが詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)です。削る量が少なかった場合には詰め物を、削る量が多かった場合には被せ物を入れます。
詰め物・被せ物には保険適用のレジン(歯科用プラスチック)や金属製のもの以外にも、自費診療の審美性に優れているオールセラミックなどがあります。
おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では、患者様のお口の中の状態や、ご希望などに応じて最適な詰め物・被せ物をご提案させていただきます。それぞれにメリット・デメリットがありますが、「白くてきれいな歯を入れたい」ということでしたら、オールセラミックがおすすめです。

保険の材料と自費の材料の違い

保険適用のレジンの場合、費用が抑えられますが、変色や磨耗、破損などのトラブルが起こりやすいです。また、銀歯などの金属の場合も、見た目が良くないだけでなく、唾液などで溶けた金属が体内に蓄積されて金属アレルギーを引き起こす恐れがあります。
一方、オールセラミックの場合、高い審美性が実現できるだけでなく、耐久性に優れていて、変色・汚れが付着しにくいという特徴があります。また、金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配はなく、歯茎が黒ずむようなトラブルもありません。

オールセラミックの特徴

天然歯と比べても遜色のない見た目

天然歯と比べても遜色のない見た目白くて透明感があるオールセラミックは、天然歯と比べても遜色のない見た目です。銀歯のようにお口を開けても目立つことがなく、きれいで自然な口元となります。

変色・汚れが付着しにくい

オールセラミックには、「吸水性がないので変色しにくい」「表面が滑らかなので、汚れが付着しにくい」という特徴があります。きちんとケアすれば、長くきれいな状態を保ってお使いになれます。

金属アレルギーが起こらない

オールセラミックには、金属が一切使用されていません。銀歯のように、溶けた金属が体内に蓄積されて、金属アレルギーが起こるような心配はありません。歯茎の黒ずみも起こりません。見た目がきれいなだけでなく、お体に優しい材料でもあるのです。

オールセラミックはこんな方におすすめです

  • 白くてきれいな歯を入れて、口元を美しく魅せたい方
  • 歯の色を気にせずに思いっきり笑いたい方
  • 笑顔に自信を持ちたい方
  • 銀歯が目立つのが嫌で、よく手で口元を隠してしまう方
  • 歯茎の黒ずみが心配な方
  • 金属アレルギーが心配な方

オールセラミックはこのような方におすすめです。白くてきれいな歯を手に入れて、口元を魅力的にしたいということでしたら、お気軽におがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)までご相談ください。

おがわ歯科医院の詰め物・被せ物

生理的・機能的に調和した詰め物・被せ物をご提供

生理的・機能的に調和した詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)をご提供するために、適切な窩洞形態、支台歯形態、印象時の歯肉圧排や精密印象など、基本に忠実なステップを踏んで補綴物を作製します。

歯科技工士と連携して審美性を向上

患者様が求められる審美性にお応えし、ご満足いただくために、技術に定評がある歯科技工士と連携して質の高い詰め物・被せ物をご提供します。

精密な処置が可能なマイクロスコープを活用

より高い審美性が求められるケースでは、精密な処置が可能なマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を活用して、何十倍もの拡大視野により、肉眼では難しい精密な形成・適合を実現させます。

おがわ歯科医院の詰め物・被せ物の種類

詰め物(インレー)

セラミック
セラミック

天然歯に近い色調と透明感を再現することができ、歯の表面に汚れが付着しにくいので二次カリエス(虫歯の再発)になりにくいです。ただし、歯ぎしり・食いしばりなどで強い力が加わると割れてしまう恐れがあります。

費用60,000円(税抜)

ゴールド
ゴールド

最も歯との適合性が高い材料で、適度な強度で天然歯とともに磨り減るため、ギャップ(境界)が生じにくいので、二次カリエス(虫歯の再発)になりにくいです。審美的な面を除けば、歯の修復には最も適した材料だと言えます。

費用70,000円(税抜)

シルバー(保険適用)
シルバー

強度は高いものの、硬すぎるため天然歯とともに磨り減らず、ギャップ(境界)が生じる場合があります。また長期間使用し続けることで、金属アレルギーの原因となる恐れがあるため、他の先進国では治療に使用されていない材料です。

費用数千円程度

被せ物(クラウン)

ジルコニア冠
ジルコニア冠

人工ダイヤモンドとも呼ばれる「ジルコニア」という材料を使って作製する被せ物で、強度が非常に高く、特に奥歯やブリッジの治療に使用するのが適しています。ただし白色ですが、色調はモノトーンなので、高い審美性を求める場合(特に前歯の治療)には適さないことがあります。

費用100,000円(税抜)

セラミック冠
セラミック冠

天然歯に近い色調と透明感を再現することができ、歯の表面に汚れが付着しにくいので二次カリエス(虫歯の再発)になりにくいです。ただし、歯ぎしり・食いしばりなどで強い力が加わると割れてしまう恐れがあるため、奥歯の治療には適さないことがあります。

費用120,000円(税抜)

陶材焼付金属冠
陶材焼付金属冠

強度が高く、歯との適合性に優れた材料です。入れ歯の鉤歯(金具をかける歯)として組み合わせる場合の相性が最も良く、入れ歯の設計においては最も自由度が高くなります。ただし、天然歯のような透明感はなく、長期間使用すると歯や歯茎に金属色が色移りする恐れがあります。

費用140,000円(税抜)

レジン前装冠(保険適用)
レジン前装冠

歯の表面に樹脂(プラスチック)を使用していて、長期間使用すると変色・色のくすみが起こる場合があります。またギャップ(境界)が生じやすく、二次カリエス(虫歯の再発)へ進むことが多いと言えます。さらに長期間使用し続けることで、金属アレルギーの原因となる恐れがあるため、他の先進国では治療に使用されていない材料です。

費用5,000円程度(保険の負担割合により異なります)