根管治療

ENDODONTIC TREATMENT

天然歯を守るための治療

根管治療とはどんな治療なのでしょうか?

天然歯を守るための治療です

根管治療とは根管治療とは、虫歯の進行により、虫歯菌に汚染された根管(歯根の中にある神経が通る細い管)内の血管や神経を除去し、洗浄・消毒した後に充填材を詰め、最後に被せ物(クラウン)を被せて再感染を防止する治療です。
おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入しています。患部を数十倍に拡大して見ることができるので、肉眼やルーペ(拡大鏡)を使うよりも格段に精密な処置が可能となります。

どんな時に根管治療が必要になるのでしょうか?

虫歯が進行して根管内にまで及んだ時

虫歯が進行して根管内の血管や神経にまで汚染が及んだ時には、根管治療が必要となる場合があります。

虫歯菌に再感染した時

以前、根管治療を行ったにもかかわらず、「根管内の洗浄が不十分だった」「根管内の感染源が一部除去されていなかった」などの原因により、虫歯菌に再感染した時、再度、根管治療が必要となる場合があります。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 天然歯を失いたくない
  • 丁寧で精密な根管治療を受けたい
  • 以前、根管治療を受けたが症状が再発した
  • 他院で根管治療を受けたが、効果が実感できない

など

このようなことでお困りの方は、お気軽におがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)までご連絡ください。

おがわ歯科医院の根管治療

マイクロスコープを使って感染源を徹底的に除去

マイクロスコープを使って感染源を徹底的に除去<マイクロスコープを使用することで、数十倍もの拡大視野が得られるため、肉眼やルーペ(拡大鏡)では見えない部分が詳細に把握でき、汚染源を徹底的に除去することができます。すべてのケースでマイクロスコープが必要になるわけではありませんが、根管の形態が複雑な奥歯など、難症例に対する治療では圧倒的な効果を発揮します。

地図を見ながら目的地に向かうようなもの

マイクロスコープを使用するのとしないのとでは、得られる情報量がまったく違います。今まで見えなかったものが、見えるようになるのです。これは新しい世界が開けたようなもので、「もうマイクロスコープなしでは考えられない」という歯科医師もいるほどです。
マイクロスコープを使用しない根管治療は、歯科医師の勘や経験により、手探りで処理をしているようなものです。一方、マイクロスコープを使用した場合、地図を見ながら目的地に向かうようなもので、処置の精密さ・確実さが格段に増します。

より精密に処置が行えるニッケルチタンファイルを使用

ニッケルチタンファイルを使用根管治療において、感染源を除去するのに使用する器具を「ファイル」と言いますが、当院では柔軟性に優れ、より精密な処置が行える「ニッケルチタンファイル」も使用しています。
マイクロスコープ同様に、根管の形態が複雑な奥歯など、難症例に対する治療に効果的で、ニッケルチタンファイルを使用した方が良好な結果が得られるというエビデンス(根拠)もあります。

ラバーダムを使って治療の成功率を向上

根管治療中、患部に唾液や細菌、血液などが侵入すると治療の成功率が低下します。おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では、これを避けるために「ラバーダム」を使用しています。
ラバーダムとは、患部を隔離して防湿するためのゴムシートで、海外では一般的に行われている方法です。治療中、患部を防湿することで根管治療の成功率を高めます。

根管治療に適した超音波スケーラーを使用

感染源を除去する際、状況に応じてニッケルチタンファイルだけでなく、超音波スケーラーを使用する場合があります。おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では、根管治療に適した超音波スケーラー(Varios)を導入しており、根管の形態が複雑で器具のアクセスが難しいケースなどに使用しています。

MTAセメントを使用して緊密に充填

MTAセメントとは、強い接着性と殺菌効果を併せ持つ歯科用セメントです。当院では、これを使って緊密に充填しています。根管を充填材で充填する時、隙間があるとそこから細菌が侵入して再感染することがありますが、MTAセメントには高い封鎖性と適合性があるので、再感染のリスクが抑えられます。

他院で根管治療を受けても効果が実感できない方へ

お気軽に当院までご相談ください

他院で根管治療を受けたが、効果が実感できない」「過去に根管治療を受けたが、虫歯菌に再感染した」というようなことでお困りの方は、お気軽におがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)までご相談ください。
再感染の主な原因には、「根管内の洗浄が不十分だった」「根管内の感染源が一部除去されていなかった」などがあります。難症例に対しても、マイクロスコープを使って精密で清潔な根管治療を行います。