虫歯の治療

CARIES TREATMENT

虫歯は放置すると歯を失うことに繋がります。
できるだけお早めにご相談ください。

  • HOME
  • 虫歯の治療

虫歯の原因をご存知ですか?

虫歯菌の酸により歯の表面が溶けることで起こります

虫歯の原因虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯菌の感染によって起こる細菌感染症です。虫歯菌が食べ物などの糖分を分解する時に生成する酸により、歯の表面(エナメル質)が溶けることで起こります。

虫歯の原因は大きく3つ

「甘いお菓子を食べ過ぎたから虫歯になった」とお考えになる方もおられますが、これは虫歯の原因の1つに過ぎません。虫歯の原因は大きく、「虫歯菌」「糖分(食べ物)」「歯質」の3つで、これらがすべて重なると虫歯になりやすいとされていて、さらに「虫歯になりやすい状態が長く続く」という「時間」が加わることで、虫歯リスクが高まります。

虫歯になるとどんな症状が現れるのでしょうか?

初期の虫歯にはほとんど自覚症状がありません。ですが、進行すると以下のような症状が現れます。つまり、歯に痛みを感じた時には、すでに虫歯が進行してしまっている可能性があるということです。そのまま放置すると歯を失うことに繋がりますので、できるだけお早めにおがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)までご相談ください。

虫歯の主な症状
  • 歯が痛い
  • 冷たいものがしみる
  • 熱いものがしみる
  • ものを噛むと痛む
  • 歯茎が腫れている
  • 歯が黒ずんでいる
  • 歯が白濁している
  • 口臭がする

など

虫歯の進行

CO(シーオー)

虫歯菌の酸によって、歯の表面が溶けた状態です。痛みはありませんが、歯の表面が濁った白色や薄い茶色になります。虫歯になる一歩手前ですので、この段階ならフッ素塗布などの治療で改善できます。

C1

歯の表面(エナメル質)が虫歯菌に侵され、小さな穴や黒ずみなどができます。痛みはありませんが、この段階から歯を削るなどの治療が必要になります。

C2

虫歯が進行して、エナメル質の下にある象牙質にまで及んだ状態です。冷たいものがしみるなどの症状が現れるようになります。

C3

虫歯がさらに進行して、歯髄(歯の神経)にまで及んだ状態です。この段階になると、歯髄で炎症が起こるため、激しい痛みなどの症状が現れます。

C4

虫歯によって、歯冠(歯茎の上の部分)がほとんど溶けてしまった状態です。ここまで虫歯が進行してしまうと、通常の治療だけでは改善させることが難しくなり、抜歯も検討しなければいけなくなります。

おがわ歯科医院の虫歯治療

最小限の侵襲で最大限の効果を

最小限の侵襲で最大限の効果を今の歯科治療では「必要以上に歯を削らない」のは当たり前で、不必要な抜歯も減っています。ですが、「歯を削らなければいい」というわけではなく、虫歯の感染部分を残さないよう、徹底的に除去する必要があります。
おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では、虫歯部分に削り残しがないように丁寧に除去し、かつ必要以上削らないようにするといった、「最小限の侵襲で最大限の効果が得られる治療」を心がけています。

精密な治療に効果を発揮するマイクロスコープ

「必要以上に歯を削らない」という精密な治療を行う時に効果を発揮するのが、当院が導入しているマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)です。肉眼では確認できなかった患部が何十倍もの拡大視野で見られるため、虫歯の削り残しを防ぎつつ、最小限の侵襲で抑えるという治療が可能となります。

治療中の痛みを可能な限り抑えます

精密な治療に効果を発揮するマイクロスコープ歯科医院へ足が向かない理由の1つに、「治療の痛み」があります。おがわ歯科医院(中山手通にある歯科医院)では、そうした方にも安心して受診していただくために、局所麻酔を行って可能な限り痛みを抑えています。 ですが、この局所麻酔が痛いと不安な方もおられると思います。当院では極細針を使用し、注射部位には表面麻酔を塗布してから注射しますので、少ない痛みで麻酔できます。さらに、麻酔液の注入スピードにムラがあると痛みが発生しやすいので、電動注射器でスピードを一定に保ちながら注入しています。

患者様にリラックスしていただくことも大切です

患者様が緊張している状態で針を刺すと、痛みを感じやすいと言われています。そのため、局所麻酔前の適切なタイミングでお声かけをしたり、できるだけリラックスできる雰囲気を作ったりするなどして、患者様の緊張をほぐしています。

補綴物と歯をしっかり接着して再治療を防止します

歯を削った後は、詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)などの補綴物を入れます。この時、適合が甘いと歯との境目から虫歯菌の侵入を許してしまいます。そうならないように、1つ1つのステップを確実に行うのはもちろんのこと、補綴物の接着強度が落ちないように、接着力の高い最新の接着材料を使用しています。

「虫歯が何度も再発してしまう」という場合には?

その方に合った予防プログラムをご提案

虫歯の再発を繰り返す場合には、まずは患者様の虫歯リスクの評価にしっかりと向き合い、再発防止に寄り添えるように、「なぜ虫歯が再発するのか?」という原因をはっきりさせたうえで、歯科衛生士から最適な予防プログラム(セルフケアとプロフェッショナルケア)をご提案させていただきます。

虫歯のメカニズムがイメージしやすい視覚的なご説明

虫歯の再発を繰り返す方は、「なぜ虫歯ができるのか?」ということを理解していない場合が多いので、専用の説明用動画ツール(Trinityアニメ)を使って、虫歯のメカニズムがイメージしやすい視覚的なご説明を行い、患者様が主体となる虫歯の再発防止を心がけています。

総合的なリスク評価から患者様をサポート

総合的なリスク評価から患者様をサポート虫歯が繰り返しできてしまう場合、ブラッシング不足だけでなく、唾液の質・量、毎日の食生活、虫歯菌の量など、様々な原因が複合的に絡み合っています。それらの総合的なリスク評価から患者様をサポートし、結果、虫歯の原因解決と生活習慣に寄り添いながら改善する「予防型」へシフトしていくことを目標に治療を進めていきます。